トイレリフォームでポイントになる便器の種類

トイレリフォームを検討している人の中には、思い切って便器を新しいものと交換しようと思っている方もいるでしょう。この場合、便器にもいくつか種類のあることを理解しておきましょう。以下で主な種類を紹介するので、自宅には何があっているか考えましょう。

■組み合わせ型と一体型

一般家庭の中でも普及率が最も高いといわれているのは組み合わせ型です。便器と便座を別々に選んで組み合わせるタイプです。自分の希望に合ったものを選べます。ただし部品が合わさっているため、掃除がやりにくく感じるかもしれません。一体型は便座と便器、タンクが一体になっているタイプです。つなぎ目が少ない分、掃除がしやすいです。ただしすべてセットになっているため、どこか不具合が発生すると全体を交換しなければなりません。

■最近人気のタンクレス

最近注目されているのが、タンクレスタイプのトイレです。文字通りタンクのない種類をさします。トイレがすっきりしますし、掃除もしやすいです。ただし従来の場合タンクのところに設けられていた手洗い場がなくなります。また水圧が弱いと設置できないケースもありますから、業者に相談しておいた方がいいです。



■まとめ
このように便器交換のトイレリフォームをする際、どの種類を設置するかを検討する必要があります。それぞれ特徴があり、メリットデメリット両面あります。自分たちにとって、どれがよりベターな選択かを考え、業者とも話し合いながらモデルを絞り込みましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ