トイレリフォームで便器を交換するメリット

トイレリフォームの手法にはいろいろな種類があります。その中でも便器そのものを交換する選択肢もあります。時代のニーズに応じてさまざまな種類の便器があるので、今までよりも便利になることは間違いないでしょう。交換した場合の主なメリットについて、詳しく見ていきます。

■多機能性のモデルが出てきている

近年の便器を見てみると、いろいろな機能が搭載されているため、これらを取り入れることでより完成度が高いトイレリフォームが可能になります。最新型は節水機能は標準搭載されており、大体最新バージョンであれば、1回の水量は5リットルくらいです。従来のものと比較して1/3くらいに使用量をカットできます。停電時でも貯水のみで対応できることもあります。そのほかには便器の縁をなくすことで、掃除しやすいタイプのものも出てきています。

■和式から洋式への交換もおすすめ

築年数が古いの物件の場合、いまだに和式便所のところもあるでしょう。トイレリフォームでは和式から洋式に変更することも可能です。和式の場合、勢い良く立ち上がったときなどに立ち眩みを起こす危険性もあります。高齢者になると危険も増しますから、早めに将来のことを見据えて交換するのも一考です。



■まとめ
便器交換すると大掛かりな工事が必要で費用もかさむというイメージを持っている人もいるでしょう。しかし節水機能などで長期的に見ると、得になる場合もあります。また足腰が弱くなる前に和式から洋式に交換しておくことも今後のことも考えるとおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ