節水型にトイレリフォームすると詰まりやすいのか

トイレリフォームの体験談がネットなどで紹介されていますが、最近では節水型へトイレリフォームする人も多いです。水道代の節約効果が期待できる半面、交換したら詰まりやすくなったという意見も見られます。節水型は詰まりやすいのかについて検証します。

■実際のリスクは一緒

結論から言うと、節水型でも従来タイプでも詰まりに関するリスクは一緒です。というのも汚物の処理の原理は一緒だからです。サイフォンの原理といいますが、液体で満たした管に高い位置と低い位置の水につなげます。こうすると高い位置の水は低い位置に移動する現象です。水洗すると水位が上がります。そして水位が低くなると流れなくなるのはこのためです。節水型も従来型同様この原理を利用しています。よって通常の使用の範囲内であれば、つまりの発生することはまず考えにくいです。

■使い方に問題があるかも

おそらく節水型で詰まりが起こりやすくなったと感じている人は、1回にトイレットペーパーなどを多く使っているからかもしれません。もし紙を一度にたくさん使用するというのであれば、用を足したときに1回、紙で拭いたときに1回といった感じで複数回に分けて水を流すといいです。もしこれでも状況が変わらなければ、立地的に十分な水圧を確保できていないのかもしれません。


■まとめ
トイレで詰まりを頻繁に起こすと、排水管に大きな負担がかかります。その結果、排水管 水漏れを引き起こしかねません。このようなリスクを低減するためにも、なぜ詰まりが起きているのか原因を追及することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ